YouTubeチャンネルの収益化基準を突破しました♪

YouTubeチャンネル登録者1000人は難しい?

 

私のYouTubeチャンネルが29動画で収益化の基準を突破しました♪

ご存知の方も多いと思いますが、ブログと違ってYouTubeはチャンネルを開設してもすぐには収益化できないんです…。

Googleが審査を開始するまでに、以下の基準をクリアしないといけないからです。

YouTubeの収益化に必要な基準は?

YouTubeの収益化に必要な数値は以下の通りです。

  • チャンネル登録者数⇒ 1,000人
  • 総再生時間⇒ 4,000時間

 

この数字は達成するのが難しく、収益化できないチャンネルも多いです。

大手のビジネスコミュニティのブログ講師をしていましたが、YouTube組の方々は受講期間の半年をかけても、収益化までいく方はほとんどいなかった記憶があります。

 

私のチャンネルは、独学で誰にも習わず、動画を撮影し、編集も手探りで勉強しながら、作り上げています。

それにしては早く基準を達成することができたと思っています。

 

収益化までのデータ

チャンネル開設日:2020年6月9日

総再生時間:6,293時間

視聴回数:110,682回

チャンネル登録者:1,000人

動画数:29動画

 

YouTubeのアルゴリズム

YouTubeのアルゴリズムはブログとは違います。

ですが、これまで培ってきたブログのSEOの知識を生かして、チャンネル運営ができていると思います。

収益化までが早かったのもこれまでの経験があるからでしょうか。

 

YouTubeに関してはこれから、動画の撮影や編集においてもクオリティを上げていかないと…。

 

先生がいる訳ではないので、手探りの状態です。

なので、粗削りで決してクオリティが高いとはいえませんが、ご視聴頂いているということは、誰かの目に止まっているということなので嬉しいす。

 

収益化に必要なものとは?

収益化に必要な要素は沢山あります。

 

ブログ運営もそうなのですが、誰かの役に立つ内容でなければ収益化は難しいのです。

私の運営しているブログでは、コメントをもらうことも多いです。

 

YouTubeもコメント欄があって、視聴した人のコメントから、よろこんで視聴して頂いているのがわかります。

役立つブログ、役立つYouTube、これは収益化には必要な要素です。

 

役立つといっても、お役立ち系の記事を書かなければならない訳ではないです。

ブログもYouTubeもエンタメの要素も大きいので、楽しめることや暇つぶし的なお役立ちもあるわけです。

 

読者さんや視聴者さんのお役に立てる=お金が頂ける 

のです。

  • 読者さんが読みたい記事
  • 視聴者さんが見たい動画

 

これを意識していくことが大事です^^

 

私のYouTubeは趣味チャンネルなので、ゆるく運営していきます。

またYouTubeについても情報共有していきますね♪

 

日本おうちワーク協会には動画編集の講座もあるんですよ。動画編集は今流行りの副業です。

興味がある方はご覧くださいね

→ 動画編集deおうちワーク講座の詳細

 

実はおうちワーク協会の新井副理事は人気のYouTubeチャンネルの運営者です。

サラリーマンの月収以上の金額をYouTubeで稼がれています。

 

色々なスキルを持った運営人がいるのが『日本おうちワーク協会』です♪

おうちワークの最新情報をお届け!

投稿者プロフィール

林博子
林博子
名古屋市在住の林博子です。日本おうちワーク協会の認定講師として、wordpressでのブログ構築やグーグルアドセンス取得のサポートをしています。
お気軽にお問い合わせ、お声掛け下さい♪

日本おうちワーク協会について

一般社団法人日本おうちワーク協会の認定講師です。

一般社団法人日本おうちワーク協会は家族のそばで「おうち」で働くという選択肢を広め、子育てや介護など制約のある人も自立し、イキイキと輝ける社会の発展に貢献します